新築を工務店で建てる~夢のマイホームを建て隊~

検討する時

部屋の大きさや配置などが自由に決められる

マイホームを購入を検討するとき、その形態は重要なポイントになります。 中古物件なのか、建売住宅なのか、注文住宅かということです。 中古物件は、前に住んでいた人がいるお家で比較的安価で購入することが可能ですが、間取りや水周りの配置など、自分の好きなようには配置換えできないのが現実です。 建売住宅は、最近よく見かけますね。リーズナブルな価格で購入できる新築物件ですが、こちらも間取りや配置などは決まっているのでカスタマイズすることは難しいです。しかし、新築物件なので自分たちしか住んでいない家ということで人気です。 注文住宅は、工務店などに建築を依頼する家のことです。こちらは、完成までに話し合いや時間がかかりますが、自分の好きな間取りや水周りなど細かい点でも自分の動きやすい、好きなように注文することができます。その分費用も高くなります。

費用を元に考えるか、条件をメインに考えるか

注文住宅を建てる時には、予算をメインに考えるか、条件をメインに考えるかでも動き方は変わってくるようです。事前に予算が決まっている場合は、お店側にそれをはっきり伝えておく必要があります。するとほとんどの場合、予算内で建築できるプランなどを紹介してくれます。条件をメインに考えるのであれば、事前に間取りや部屋の配置を決めておくとよいでしょう。 注文住宅の一番のメリットとしては、自分の好きなようにカスタマイズできるということです。 特に水周りに関しては、女性の意見が強く反映されるので生活しやすい設計にすることが可能です。

↑ PAGE TOP

Copyright© 2015 新築を工務店で建てる~夢のマイホームを建て隊~ All Rights Reserved. Web Design:Template-Party