新築を工務店で建てる~夢のマイホームを建て隊~

歴史を知る

新築戸建ての歴史は古くからあります。初期の頃は不動産会社が大規模な土地を購入して分譲住宅の建設が始まったのです。 分譲住宅がある程度広まると、今度は自分で自由に設計できる新築注文住宅の欲しがる人が増えてきました。 やがて、新築住宅が広まるとその価値観もまた変化していきます。新築一戸建て住宅が増え続けた当時はとにかく広い住宅が欲しく、広い家ほど裕福な家庭の象徴という価値観でしたが、やがて、コンパクトにまとまった機能的な住宅やデザインにこだわった住宅がこのまれるようになったのです。また、集合住宅が多くありましたが、最近では、新築の戸建てを手に入れたいと考えている人が多くいます。

住宅に関する価値観は変化してもなかなか変わらないものもあります。それは、日本人の新しい物を好む傾向です。 歴史的にみてもこの傾向はありますが、住宅について見てみると、困った事が起こり得ます。それは、新築住宅は好まれる傾向にあるが、人が過去に住んでいた中古住宅はあまり好まれず、空き家が増え続けていることです。 マンションなども含めると、全国の空き家の数は830万戸を超える数なのです。 しかしながら、中古住宅を魅力的に見せる方法はあります。それは、中古住宅をリノベーションやリフォームをして新しくすることです。 リノベーションやリフォームは、一度建物を取り壊して再び再建築するよりも安く済むことが多く、近年注目されています。

↑ PAGE TOP

Copyright© 2015 新築を工務店で建てる~夢のマイホームを建て隊~ All Rights Reserved. Web Design:Template-Party